ウィルスに対抗出来る免疫力とは何か

あなたは免疫力と言う言葉を聞いたことがありますか?私は免疫力と言う言葉はあまり聞いたことがないのでどんな意味があるのか調べて見ることにしました。免疫力とは、体内で発生した細胞や外から入ってきた細胞やウィルスなどを常に監視をして撃退をする自己防衛のシステムのことを言うそうです。

MELLIFE(メリフ)

人間の体の中では毎日ガン細胞などの異物が出来ます。要するにそれらを撃退するのが免疫力の仕事なのですね。免疫力がなくなってしまうと私たちの体はどうなってしまうのでしょうか。免疫のシステムと言うのは15歳までに出来上がってしまうそうです。20歳を超えると免疫力は落ちて行くようです。ですのですぐに病気になってしまいます。私は今年の11月で50歳になりますが自分なりに免疫力は落ちていると感じています。

 では、免疫力が下がってしまうとどうなるのでしょうか。ウィルスや感染症にかかりやすくなったり肌荒れが起きたり、あとは下痢をしやすくなったり、疲れやすくなると言ったことが起きやすいと言われています。私が疲れやすいと感じるのは免疫力が落ちているのが原因かも知れませんね。

 免疫力を高めるにはどのような工夫が必要でしょうか。腸内環境を整える。腸内環境を整えるには善玉菌を増やす元となる食物を取ると良いとされています。例えば、ヨーグルト。私も朝食に必ずヨーグルトを食べています。ヨーグルトは乳酸菌を多く含む食品です。他にも乳酸菌で出来た発酵食品がたくさんあります。お味噌、醤油。あとはたくあんなど。

チーズもそうですね。昔の人はいろんなことを考えておられたのですね。古くから伝わる知恵とはこのことを言うのですね。