胸が大きいことの悩みは尽きない。

バストが大きいだけで一つの魅力だと言われたり、悩まなくてすむねと嫌味を言われたりしますが、胸が大きいとそれは、それで悩みも尽きません。

私のバストは小学生ではすでに結構大きく他の同級生にも気にされるぐらい大きかったのですが、他の子がブラをつけ始めた思春期、私だけサイズが大きく可愛いデザインもなく、母親に連れられ婦人コーナーで購入をしていました。その恥ずかしさは、忘れられません。

高校生ぐらいになると友達数名と一緒に可愛い下着屋さんに行って、友達同士で一緒に選んで色違いを買うのが流行りましたが、そんなことはできませんでした。

選べる色も少なく、盛るための仕様になっているものは合わないし、ストラップが細いと痛くなるし全くいいことはありませんでした。思春期のそんな悩みから、大人になるに連れてお金を出せば可愛いデザインはあるけれど、それにしても高い。安いお店のものは形もサイズも合わず、結局すぐに使わなくなるので一つ買うにも結構なお金がかかってしまっていました。

働き始め、自分のお金が使える年齢になると、高いブラだけではなくファッションにもお金が使えるようになり、なのにいざ可愛い服を買ってもギャザーで切り返しの入ったワンピースは、異常に胸を強調し、ゆったりしたシルエットの服を着ると、体全体が大きくがたいがいい人になるのです。洋服は、あれもこれも楽しめない。。。その年代によって悩みは様々ですが、解決されない問題が次々と出てきます。胸が小さい友達には、すごく羨ましがられますが、私は、その小さい胸に何度憧れたことか、、、。

どんな下着屋さんでも安くて可愛いレースのついたものをいろんな色から選び放題です。本当に羨ましくてたまらないですが、どうあがいても無理!と、あきらめつつあるのが現状です。。。