色素沈着を薄くする方法

ニキビ跡の色素沈着がすごく気になっています。赤ニキビや色素沈着も皮膚科の受診が良いと思っていますが、ニキビの跡が赤くなっている「赤ニキビ跡」はニキビが発生したときに炎症が起こり、皮膚細胞が傷ついた際、それを修復しようと肌は毛細血管を拡張させるみたいです。

ラントゥルースが最安値で購入できる通販は?効果と私の本音口コミを暴露します!

血流が増えている状態が赤くなって見えているみたいでして通常、ニキビは治まれば炎症もひきますが、ニキビがおさまった後も赤くなっているのは血液の赤い色素であるヘモグロビンが、皮膚内に沈着しているためだと皮膚科で聞きました。ニキビ跡の色が赤というよりは、もっと黒っぽくみえる場合もヘモグロビンの色素沈着によるものみたいで。ニキビの跡がシミのように茶色くなる、ニキビが治まってから、同じ部分に茶色いシミができることがあります。

これは、ニキビができて炎症などが起きた際の刺激に対し、肌が防御反応として排出したメラニン色素が沈着したものです。いわゆる、シミと同様の状態が起こっています。色素沈着を起こしたニキビ跡を治す方法ですが、皮膚内に沈着してしまった色素を改善するには、代謝によって少しずつ時間をかけて薄くなっていくのを待ちます。ヘモグロビンによる赤くなった状態は、色素沈着している部位が深いため、個人差はありますが時間がかかります。

一方、メラニン色素によって茶色くなったシミ状の跡は、皮膚のターンオーバーによって比較的はやく薄くなっていきます。ターンオーバーを正常にする事が大切だと思いました。