「ほうれい線」に負けない!3つの原因と改善策とは

年を重ねるごとに肌の悩みは増えていきますよね。その中でも「ほうれい線」は老けて見える大きな原因の一つです。そして驚くことに「ほうれい線」は、シワではなく皮膚のたるみで出来た溝なのです。皮膚のたるみによる「ほうれい線」の原因は3つあります。
1.肌のハリの低下
2.顔の筋肉の衰え
3.骨格のゆがみ
ではそれぞれを詳しく説明していきます。

http://wakita4129.jp/

1.肌のハリの低下
肌のハリの低下はコラーゲンとエラスチンという成分の減少によって起こります。コラーゲンとエラスチンは加齢・乾燥・紫外線といったダメージを受けることで減少します。

2.顔の筋肉の衰え
「ほうれい線」が出来る原因の一つが表情筋の衰えです。表情筋には頬骨筋と口輪筋があります。この2つの筋肉が衰えると周りの皮膚や脂肪がたるんでしまい「ほうれい線」が深くなって見えます。

3.骨格のゆがみ
左右どちらかの「ほうれい線」が目立つ方は要注意。骨格のゆがみが「ほうれい線」の原因となっている場合があります。食事をする時に片方だけで噛んでいる、頬杖をつく癖があるなどちょっとした生活習慣が骨格のゆがみに繋がってしまいます。

項目ごとの改善策を見ていきましょう。
1肌のハリの低下・・・「内側からも外側からもケアをする」
スキンケアは高保湿のものやエイジングケア成分が含まれているものを選ぶようにします。それと同時にサプリメントを摂取すると良いですね。コラーゲンだけでなく、ビタミンCやビタミンB群も意識して取りましょう。そして季節や時間関係なく、外出時は日焼け止めを塗るのを忘れずに。

2顔の筋肉の衰え・・・「表情筋のトレーニングだけでなくリガメントほぐしも」
表情筋を鍛えること以上に大事なのが、筋肉・皮膚・脂肪を支える靭帯の「リガメント」をほぐしてあげることです。頬骨の下のくぼみをスキンケアの時にマッサージすると効果的。

3骨格のゆがみ・・・「生活習慣を見直す」
骨格のゆがみは日頃の習慣の積み重ねによって起こります。噛み癖、頬杖、寝る姿勢など自分の生活習慣を振り返り、少しずつ改善していきましょう。

以上が「ほうれい線」の原因と改善策となります。これらは「ほうれい線」だけでなく色々な肌の悩みに繋がるものです。実践してキレイに年を重ねていきましょう。